アレルギー体質で病院にかかった場合、処方される薬は以下の通りです。 ・抗アレルギー薬 ・抗ヒスタミン薬 ・ステロイド 抗アレルギー薬は、ヒスタミンの発生を抑制する薬です。 副作用が比較的少ないということもあり、この薬を処方されることが多く、花粉症によく使用されます。 くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった花粉によるアレルギー症状を効果的に改善・予防します。 抗ヒスタミン薬は、アレルギー体質で悩まされている人に対して、古くから処方されてきた薬です。 抗アレルギー薬よりも効果が高いですが、持続時間が短いという欠点があります。 また、副作用として強い眠気が発生する可能性がありますから、車の運転は控えるようにしましょう。 ステロイドはアレルギー反応を効果的に抑えることができますが、副作用が強いので注意しないといけません。 そのため、長期間の継続的な使用には向いていないのです。 これらの薬はアレルギー反応を抑えるための薬なので、根本的な治療にはなりません。 病院から処方される薬では、体質自体を変えることはできないと思ってください。